0

東京のシェアハウスをお探しなら
仲介サイトのシェアパークにお任せください

シェアハウスとは

シェアハウスってどんな暮らし?

住居選びは、誰もが関心のあるところ。ひとり暮らしは、寂しいし、お金もかかる…。でも、友達同士のルームシェアも何かと大変そう。。そこで登場したのが、シェアハウス。みんなでシェアできるから、初期費用やランニング費用を抑え、コストパフォーマンスの高い暮らしを実現。そしてはじめてでも管理会社がサポートしてくれるから安心!今シェアハウスは、首都圏を中心に急激に戸数を増やしており、年齢や職業、性別、国籍を超えコミュニケーションの幅が広がっています。

気になる1
費用面の比較 ~シェアハウスって安いって聞くけど、本当に安いの??~

シェアハウスは、ひとり暮らしと比べて賃料相場も安いです。家具や家電も備え付けのシェアハウスは、じぶんで用意する必要がないため、荷物も少なくて済み、引越代も抑えられます。みんなで使う消耗品も、お金を出し合って購入すれば、安くお得になります。

アパート・マンションルームシェアシェアハウス
初期費用は?敷金、礼金、仲介手数料、鍵交換費などデポジット、契約手数料、0円~賃料1ヶ月分
ランニングコストは?自分で、水道光熱費やインターネットの契約をする。1人が代表して水道光熱費やインターネットの契約をする。
またそれをルームメイトと按分。
デポジット、契約手数料、水道光熱費等の契約手間がない。
基本料金もシェアメイトと割るので安上がり。
退去時の費用は?敷金の中から清掃費を引かれる。水廻りの清掃も含まれるため、意外と高い。個室に水廻りがないと清掃費は安い。
設備については?家電や家具を揃えなければならない。家電や家具、調理道具まですべて揃っている物件もあり、お金がかからない。

気になる2
共用スペースってどんな設備があるの?

シェアハウスの共用スペースは、充実した設備がいっぱい。ひとり暮らしではなかなか揃えられない設備を自由に使えます。共用スペースはみんなとシェアなので、食事やお風呂の時間もかぶることはあるけれど、人数にあった数の水廻りを用意してあるし、生活の時間帯はひとそれぞれなので、それほど心配はなさそうです。ただ、みんなで使うところなので、シェアメイトにも気を遣い、後片付けやハウスルールを守りましょう。

  • リビング
    大型ソファ、大型テレビ、おしゃれな家具、プロジェクター、ゲーム機など
  • キッチン
    システムキッチン、アイランドキッチン、調理道具、食器類、オーブンレンジ、ミキサーなど。調味料やお掃除グッズを用意しているシェアハウスもあり。
  • バスルーム
    脚を伸ばせる大きなバスタブ、寮タイプだと大浴場もあり。シャワーブースもあったり人数によっては複数あるので混んでいても安心
  • その他スペース
    屋上ウッドデッキでのパーティー、ビリヤード台、フィットネスルーム、シアタールーム、図書スペース、防音ルームなど

気になる3
プライバシーってあるの?

シェアハウスは、個室タイプとドミトリー(相部屋)タイプがあります。
個室タイプは鍵がついているので安心。ドミトリーはベット周りにカーテンがついているだけで、あまりプライバシーがないのがデメリット。だけどドミトリーは家賃が安く、人と交流したいひとにはぴったり。
シェアハウスは共同生活なので、神経質すぎるひとには向きません。

気になる4
シェアハウスに住む人々

シェアハウスに住んでいる人々で多いのは、20代30代を中心とした社会人の方々です。男女がいっしょに住む物件が多く、男女比率はだいたい半々です。職業もさまざま、留学生や日本に住んでいる外国人のひとなど、国籍もさまざまで、住んでいるだけで、異業種交流や国際交流ができるのも魅力のひとつです。今まで出会ったことのないタイプのひとともコミュニケーションがとれ、人間の幅を大きくしていけそうです。

気になる5
どんな物件があるの?

新築やリノベーションされた物件、寮やマンションなどのビル一棟から一軒家まで、物件の種類は様々。
顔のみえる少人数コミュニティは安心して暮らせるし、大型物件は、幅広いひととのお付き合いができます。大型物件は女性フロアがあったり、水廻りも男女別で分かれていたりと、女性が暮らしやすい物件がたくさんあります。
同性同士は気兼ねなく生活できるので、女性専用物件を選ぶひとも多くいます。

コンセプトをもったシェアハウスもたくさんあります。たとえば「食」がコンセプトならば、キッチンが広く、調理道具も充実しており、庭には家庭菜園、休日には料理教室を開催したりと、食べること料理することがすきならば、とことんこだわれます。
「国際交流」をコンセプトとしている物件も多く、入居者の顔ぶれが国際色豊かだったり、定期的に英会話教室を開いたり、設備だけではない+αのメリットがあります。おなじ目的や趣味をもったもの同士が集まれば、さらなるスキルアップや情報共有の場となります。
おしゃれなインテリアやデザイン性の高い物件も多く、個々の個性を比較し、自分に合った住居が選べるのもシェアハウスの楽しさなのです。

気になる6
メリット・デメリットをおしえて?

メリット

  • ひとり暮らしより安い
  • ひとりより安心!(防犯面、地震のとき、風邪をひいたときetc..)
  • 友達が増えた!
  • 物をシェアできる
  • 年齢も性別も国籍もちがう物同士、共同生活をすることで視野が広がり成長できる!
  • すてきなインテリアや広いリビング、大きなお風呂など、ひとり暮らしではない設備がいっぱい
  • 生活用品を一から揃える手間がない

デメリット

  • 片付けや掃除の仕方など、人によって基準がちがう
  • ひとりになりたいときもある…
  • 大型物件だと知らないひとも多い
  • 物音や騒音が気になる
  • 苦手なひとがいる
  • 雰囲気になじめない

シェアハウスはメリットもあればデメリットもあります。
それでも得られる経験やあたらしい人脈など、たのしいことはたくさん!
立地や賃料だけでない+αをみつけるために、シェアパークではよりよいシェアハウスをご紹介致します。
シェアハウス選びにお困りの方は、スタッフがサポートしますので、お気軽にお問合せ下さい。