ソーシャルアパートメントとは?シェアするアパートメントってこと?

この前某整骨院に通ったんですが、テレワークで体やメンタルの調子が崩れる人が多くなってきているとの話を耳にしました。

環境が整備されたデスクじゃなくリビングの机で仕事したり、人と会わなくなることで気持ちが落ち込みやすくなってしまうのが原因だそう。

でもそんな中で、「ソーシャルアパートメント」に住んでいるから自宅で仕事することに困りません。という声も…!

「そもそもソーシャルアパートメントとはいったい…!?」「シェアハウスやルームシェアとは違うのか?」頭の中が疑問だらけだったので詳しく調べてみました!

その結果を早速シェアします・ー・!

程よく人と繋がれる!SNSでも話題のソーシャルアパートメント

まず「ソーシャルアパートメント」とは、賃貸のマンションやアパートの部屋とは別に、ラウンジやスポーツジム・ミュージックルームやスタディルームが共有スペースとして用意されているもののことをいいます。

似たようなシェアハウス・ルームシェアとの違いは以下の通りです。

ソーシャル
アパートメント
従来のお部屋+共有スペース
シェアハウス 1つの住居を複数人でシェア
ルームシェア 1つの部屋を複数人でシェア

共有スペースを利用しなくても自分の部屋の中だけで生活できるので、プライバシーの確保もバッチリ。

入居者は20代〜30代が多いみたいで、適度な距離感を持って住人同士の交流もできることが人気の秘訣なんだとか。

基本は普通のアパート・マンション暮らしなのに、時間がある時は共有スペースで夜中までスマブラ対戦できるって、ゲーム好きにはたまりませんよね、、!!

他にも「休日はシアタールームで映画を見て過ごしている」「スポーツジムを契約しなくても共有スペースのジムで鍛えられるから便利」といった口コミも発見。

その中でもとくに「これいいな!」と思ったのがこちら↓

ソーシャルアパートメントにワーキングスペースがあれば、思う存分仕事に打ち込むことができるんです!

慣れないテレワーク生活も、これなら環境が整っているからストレスフリーで仕事ができますよね。(ちなみに各物件ごとにコロナ対策はしているとのこと。)

一般的なアパート・マンション・シェアハウスと比べるとお値段が少し高めな物件が多いですが、それ以上の快適さや交流があるソーシャルアパートメント。

Twitterでも、「一度は住んでみたい!」って声がたくさんありました。

ソーシャルアパートメントに似たシェアハウス、あります。

人気の高いソーシャルアパートメントですが、実は似たようなコンセプト物件がシェアハウスにもあるんです。

水回り付きの個室に、BARやスタディルーム・シアタールームなどなど、これらが手軽にシェアハウスで利用できちゃいます!

そんな「まるでソーシャルアパートメント」な物件(水回り付き個室&共有スペース有)を3つ紹介していきますね!

ほぼほぼホテルな「WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO」

【おすすめ共有スペース】
●仕事もできる「ラウンジ」
●友達も呼べる「カフェ&BAR」
●誰でも参加OK「イベントスペース」

賃料:¥25,300 – ¥71,500
共益費:¥11,000 – ¥16,500

【注目ポイント】
●水回り付き個室 ●「シーツ・布団カバー・枕カバー」週一回交換 ●二人入居可 ●短期入居OK

☆アクセス
都営浅草線 本所吾妻橋駅 徒歩4分
東京メトロ半蔵門線 押上駅 徒歩10分
東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩10分
東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅 徒歩5分

☆エリア
東京都墨田区向島

☆コメント
ソーシャルアパートメントとホテルを融合したような建物「WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO

2021年1月にグランドオープンしたばかりで、今なら安く入居できるオープニングキャンペーンも実施中!

水回りが個室の中に完備されているので、自分の部屋の中で生活ができますし、なにより週1回、シーツや布団カバーをキレイなものに交換してくれるというサービス付き。

共有スペースにはパソコン作業がしやすいラウンジに息抜きができるカフェなどもあるので、使い勝手良好です!

 

134室もの出会いがある「KAMKITA HOUSE」

【おすすめ共有スペース】
●一般開放している「ワークスペース」
●完全防音の「シネマルーム」
●4室もある「ミーティングルーム」

賃料:¥106,000 – ¥140,000
共益費:¥0

【注目ポイント】
●水回り付き個室 ●短期入居OK ●2人入居可 ●屋上・庭あり

☆アクセス
京王線 上北沢駅 徒歩7分
京王線 桜上水駅 徒歩10分
京王井の頭線 西永福駅 徒歩19分

☆エリア
東京都杉並区下高井戸

☆コメント
多様な国籍・職業・趣味の仲間とのコミュニティ作りに特化したシェアハウス「KAMKITA HOUSE

ソーシャルアパートメントの醍醐味の一つとして、「入居者同士の交流」がありますが、KAMIKITA HOUSEは全134室もある超大型シェアハウス。

シェアメイト同士が交流できるイベントも多数開催しているので、「適度な距離感での交流を増やしたい!」という人に、特におすすめできます。

全室にトイレ・洗面・シャワーがついているので、普通のアパート・マンションのように利用できるのもうれしいポイント。

ちなみに、全館にWi-fiが設置されているうえ、個室・共用スペースでは有線LANも接続できるので、ネットに困ることはありません。

「KAMIKITA HOUSE」を詳しく見る!

ペット可フロアもある「Mate Ikebukuro」

【おすすめ共有スペース】
●じっくり使える「予約制ラウンジ」
●なにかと便利な「シアタールーム」
●仕切りがうれしい「スタディルーム」

賃料:¥64,000 – ¥90,000
共益費:¥15,000

【注目ポイント】
●水回り付き個室 ●ペット可個室あり ●二人入居OK

☆アクセス
JR山手線 池袋駅 徒歩6分
東京メトロ副都心線 池袋駅 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線 池袋駅 徒歩3分
西武池袋線 池袋駅 徒歩6分
東武東上線 池袋駅 徒歩6分

☆エリア
東京都豊島区西池袋

☆コメント
マンスリーマンションをリノベーションしたシェアハウスMate Ikebukuro」。

元々マンションだったこともあり個室には3点ユニットとキッチンが完備!ほぼほぼソーシャルアパートメントと同じと言っても過言じゃないシェアハウスです。

部屋は全57室。フロアによってはわんちゃん猫ちゃんもOK。

共用スペースも充実していて、隣の人と仕切りがあるスタディルームや、予約することでトラブルリスクが抑えられるラウンジなど、細やかな配慮も見られます。

気の合うシェアメイトとは、シアタールームで映画をみるのも良きですね!

 

ソーシャルアパートメントとシェアハウス

今回は「まるでソーシャルアパートメントのようなシェアハウス」を3件紹介しましたが、自分の空間をしっかり持ちつつ、さらにラウンジやワークスペースが使えるのって、どう考えたって贅沢ですよね。

一人暮らしでは得ることが難しい、住民との交流やプライベートの充実などの魅力は、シェアハウスもソーシャルアパートメントもほぼ同等だと思っています。

ただ、シェアハウスもソーシャルアパートメントも「想像と何かが違かった…」ということがないように、気になる物件はまず問い合わせ・見学をして後悔しないようにしましょう!

 

~シェアの森~その他の記事はコチラ!