ズバリ!あなたの運気を高めるポイントとは(風水参照)

シェアハウスも一般賃貸も、部屋や家具の配置によって気持ちがスッキリしたり、いつもと違う雰囲気のおかげか集中力がついたりしますよね。

こういった身の回りの環境を変えることで自分の運気を高められる・高めようとすることを「環境学」といいます。

自分が住んでいる場所にちょっとした工夫を加えるだけで運気が上がるのであれば、それは良いに越したことはないはず!

今回はそんな運気を上げるための“ポイント”をいくつか紹介していきます。


【一覧表】運気を上げるための基礎を知ろう!

環境学はもともと中国から伝わってきたものなのですが、その歴史ある学問によると、東西南北において運の種類が変わってくるみたいです。

そして高めたい運気の方角に相性の良い色を配置するだけで、運勢は変わってくるそう。
下記に一覧をまとめたので、スクショして参考にしてみてくださいね!

方角 運気 ラッキーカラー
恋愛運・金運・信頼 ベビーピンク・シルバー・白
北東 貯蓄運・転職・良い変化 白・赤・ブラウン・オレンジ
仕事運・発展運・勉強運・若さ 赤・ペールブルー・ターコイズ
東南 結婚運・恋愛運・旅行運 オレンジ・ミントグリーン
人気運・ビューティー運・旅行運 白・ベージュ・ライムグリーン
南西 家庭運・健康運・安定・努力 パステルイエロー・ライムグリーン・コーラルピンク・ベージュ 
西 金運・商売運  アイボリー・パステルイエロー・ピンク・ゴールド
北西 出世運・事業運  クリーム・オペラピンク・ベージュ・シルバー

テレビに出ているタレントや俳優・芸人さんなどは、仕事運を司る東側に大きいテレビを置くと運気が上がるとも言われています。

自分と関連するものを高めたい方角に配置するのも良いでしょう。

運気の入り口「玄関」は一番大事!

最近ツイてないと感じる人、今の自分を変えたいと思う人はまず玄関から変えていきましょう!

「気」は窓や玄関から入ってくると言われていますが、その中でも人が出入りする玄関は、良くも悪く一番「気」が入ってくると考えられています。

玄関をちょっと工夫するだけで、良い未来が広がるかも?

玄関近くに鏡を置く

鏡を玄関扉のすぐ右側に置くと地位や名誉、左側に置くと金運。入ってから右側に置くと出世運や仕事運、左側に置くと金運が上昇すると言われています。

ただ、玄関扉を開けた真正面に鏡を置いてしまうと、運気を反射して外に出してしまうと言われています。
真正面に鏡を置くことだけは避けましょう。

清潔感を持たせ植物を置く

玄関先がごちゃごちゃしていると気が入りにくいのは想像つきますよね。常に玄関入り口はキレイに整理整頓しておくと良いのですが、植物を置くだけでさらに運気は上がります。

植物には「陰」を「陽」に変える力があるため、入り口のよどんだ気を浄化させてくれます。ただ、枯れてしまった場合は別です。せっかくの浄化が逆効果になってしまうので、枯れてしまったらちゃんとその後の処理もしましょう。

【注意】花は花でも…

ドライフラワーやブリザードフラワーは「死んだ花」の意味合いを持っています。枯れてしまった花と同様に、玄関に置くのは相応しくないとされていないので気をつけましょう。

ダンボール放置は厳禁

荷物の宅配で届くであろうダンボールは、湿気とともに悪い気を吸い取って溜め込むと言われています。悪い気が玄関先で溜まっていたら嫌ですよね。

玄関先は家全体の運気を象徴しているとっても過言ではないので、いらなくなったダンボールは処分しましょう。

靴と荷物は最小限に

靴は仕事運の象徴ともされています。靴棚の中も外も、ギュウギュウに靴が並んでいると仕事運が舞い込みにくいので、いつでもスッキリ靴が置けるように心がけましょう。

また、ゴルフバックやレジャー用品も玄関に置きがちですが、良い運気を塞き止めてしまう原因になってしまいます。

玄関先の荷物は靴を含め最小限にし、玄関以外の場所で収納することをオススメします。

エネルギーを吸収する「寝室」はNGがいっぱい?

寝室は1日の疲れを取り、運気を得る場所です。
睡眠はとても大切ですからね、少しでも環境を良くして、良い寝室に変えていきましょう。

枕は北方向へ

昔話だか言い伝えだかで北枕は良くないと言われていましたが、環境学的には北枕が一番ベスト。

気は南→北に向かって流れていくと言われています。その流れに沿って寝ることで、身体・心の流れも整えてくれるのだとか。ちなみに北は金運も司るので、金運も高まりますよ。

ぬいぐるみ・水槽・鏡は置かない

寝室に置いてはいけないアイテムグッズは意外とたくさんあります。

ぬいぐるみは人の代わりに運気を吸い取ってしまうのでベッドに置くのはNG。
水槽や水が関わるものは健康運が下がるからNG。
鏡は生気を吸われるからNG。

身体と心を充電させる場所なので、シンプルなのが良いそうです。

どうしても置きたいなら…

ぬいぐるみは枕元より下に3つまでならOK
水槽は就寝時の心臓の位置より下ならOK
鏡は布をかぶせるか就寝姿が映らなければOKです。

香りの効果で運気を上げる

香りは縁を引き寄せるパワーがあると言われています。

エネルギーを吸収する寝室でアロマポットやエッセンシャルオイルで香りづけすることで、エネルギーと一緒に良い縁も吸収してくれます。

ちなみに、新しい出会いを求めるときは柑橘系、今の出会いを深くしたい場合はローズ系が吉です。

火を使う「キッチン」は悪い気を燃やす場所

人間が生きるのに必要な食事を作る場所「キッチン(台所)」。
悪いものは燃やして良いものを取り込める場所「キッチン」の運気アップポイントを見ていきましょう。

財布や金目のものは置かない

キッチンは火を使う場所なので、財布を置くとお金を燃やすと意味されてしまうそう。
金運を上げるためには、キッチンに財布やお金を放置しないことが良いでしょう。

冷蔵庫の上に電子レンジはダメ

冷たくする冷蔵庫と暖かくする電子レンジを重ねるのは相性が×
お互いの役割を打ち消してしまう家具なので、運気も下がってしまうとのこと。

どうしても置きたい場合…

冷蔵庫と電子レンジの間に木(木製品)を挟めるとOK!
木が冷蔵庫と電子レンジの役割のクッションになってくれるため、運気が下がることがなくなります。

使用済みの食器や食べかすの放置は厳禁

使ったものをそのままにして置くのは、不浄を溜め込むのと一緒。
運気を上げるためには常に清潔にしておく必要があります。

また、欠けた食器を使い続けるのは、(欠けた場所に)悪い気が引っかかるとして、良くないこととされています。

いらないものと使えないものは断捨離するのが一番ですね。


環境が変わると人間も変わる

こんなんで本当に運気が変わるのか?と思う気持ちもありますが、実際環境で人間が変わるのは本当でしょう。

「東京行ったらあいつ性格変わったよな」「自衛隊に入ってから顔つきが変わったよな」「結婚してから頼もしくなったよな」etc…,

カメレオンほどではないですが、人間も環境に適応していく生き物です。環境が変わるとそれに応じて性格や体格も変わってきます。

余談ですが、ぼくの一番仲の良い男友達に子供ができました。まだ産まれてはいないのですが、パパになったら今までみたいに気軽に遊べなくなり、何も考えずにバカできるのも今のうちなのかなとも思ってしまいます。

当たり前かもしれませんが、それぐらい、「環境の力」って大きいんですよね。

今回はそんな「環境」に基づいた「環境学」で運気を上げるポイントを紹介しましたが、実はこれ、俗に言う「風水」のことだったんです。

風水とは…中国発祥。衣食住といった自分の環境を変えることで自分の運気を高めようとする環境学のこと。

「風水を信じるってオカルトチックで嫌」と嫌悪感を持つ人も少なくはないと思いますが、「これで運気が上がったらラッキー」ぐらいの気持ちで全然OK!

人間生きていくといろんなことが起こりますからね。環境が変わって運気や人間性が変わったとしても、その時の記憶や感覚が変わることはありません。

結局は気の持ちようだと思うので、「良いことがあったらラッキー精神」で環境学を試してみてくださいね!